ユーテルサット 117 WEST Bは、ストリームに来ます

新衛星は商業運転に入り、ラテンアメリカ全体で顧客をサポートする準備ができています.

eutelsat-logo-nuevoユーテルサット 117 西B es el segundo satélite todo-eléctrico de la flota de ユーテルサット y es comercializado por su subsidiaria Eutelsat Americas. Cuenta con 48 transpondedores equivalentes (36 メガヘルツ) conectados a cuatro haces que ofrecen cobertura de primera de メキシコ, 中米とカリブ海, la región Andina y el Cono Sur. Con este nuevo satélite, ユーテルサット complementará el satélite ユーテルサット 117 西A, 打ち上げ 2013, creando un vecindario multisatelital en los 117° Oeste, que ya es usado por Tigo Star de Millicom, Stargroup y Televisa. También ofrecerá servicios clave a los operadores de telecomunicaciones y proveedores de servicios gubernamentales en Latinoamérica.

eutelsat-satelite-universalユーテルサット 117 西B cuenta con una carga útil WAAS (Wide Area Augmentation System) operada por Raytheon para la Administración Federal de la Aviación estadounidense (FAA), que entrará en operación en 2018. 民間航空用に開発, WAASペイロードは信号の精度を検証する地上局からの信号を受信し、GPSユーザに情報を中継するように設計されています, 航空会社のキャビンを含みます, 民間のGPSアプリケーションの最も要求の厳しいです. これは、GPS信号の精度が向上します 10 メートル 1-2 メートル, ユーザーのための航空保安の強化 カナダ, メキシコ, プエルトリコと米国本土.

WAASペイロードは、完全に電気衛星に含まれる第一と第三のペイロードはユーテルサットによって運ば, ヨーロッパやエアバス防衛宇宙宇宙局からの中継ノードEDRS-Aのデータを以下の ユーテルサット9B ペイロード SバンドEchoStarのユーテルサット10A.

©テクノロジープロフェッショナル 2017

 

IP_Series-US-468-X120